HOME > 会員サービス > 共済・保険 > 小規模企業共済

小規模企業共済

小規模企業共済とは

小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や会社等の役員が役員を退職した場合など、第一線を退いたときに、それまで積み立ててこられた掛金に応じた共済金をお受け取りになれる共済制度です。

 

加入資格

常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の個人事業主や会社の役員・企業組合及び協業組合の役員。

 

メリット

ダブルの節税効果が期待できます。 掛金を払い込むときの節税効果、共済金を受け取るときの節税効果の2つの節税効果があります。

 ・掛金は(月額1,000円〜70,000円)全額所得控除できます。

・共済金は退職所得扱いになります

掛け金は500円刻みでとなっております。


掛金の全額所得控除による節税額の例


 

※貸付制度として事業資金の貸付が受けられます。

 

 

基本共済金の額

(例)掛金月額1万円

※共済金の額は廃業、役員退任や先齢給付等により異なります。こちらをご参照ください

中小機構基盤整備機構の小規模企業共済ページへ(中小企業基盤整備機構HP

             

詳しくは多摩商工会議所小規模企業共済担当(TEL042-375-1211)までお問い合わせください。