HOME > 検定 > 日商PC検定試験

日商PC検定試験

 日商PC検定は、業務に直結する実践的な能力を問う検定として、多くの企業から高い評価を得ています。【文書作成】【データ活用】【プレゼン資料作成】の3分野があり、それぞれ1級・2級・3級・Basic の4レベルがあります(プレゼン資料作成は、Basicレベルはありません)。

 PCを利用したネット試験のため、試験日時は試験会場校と自由に決めることができ、試験終了後すぐ自動採点され合否が分かるのも人気の一つです(1級を除く)。

 2003年7月より、多摩市の2会場で、日商PC検定が受験できます。ぜひご利用下さい。

 試験会場(多摩商工会議所パソコン教室)  試験会場(スタディ PC.ネット 聖蹟桜ヶ丘校)
 日本商工会議所へのリンク  日商PC検定はここがおすすめ
 日商PC検定教材  サンプル問題

日商PC検定 試験概要

☆詳細については、日本商工会議所ホームページもご参照ください。
 ⇒ 日本商工会議所ホームページ

 

 

1.試験日

1級 : 2019年10月6日(日)/2020年2月16日(日)
2級・3級・Basic : 随時試験(試験会場に直接お問合せ下さい)



2.受 験 料(税込)

2019年4月〜9月
2級 : 7,200円
3級 : 5,140円
Basic : 4,120円

 

 

3.試験科目・時間
試験科目と時間合格基準
1級知識30分(論述式)・実技60分知識・実技の2科目とも70点以上
2級知識15分(択一式)・実技40分
3級知識15分(択一式)・実技30分
Basic実技30分70点以上


日商PC検定 試験会場(多摩市)

 

 日商PC検定が、多摩市内2会場で受験できます。@多摩商工会議所パソコン教室多摩校(京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」前スクエア2F) AStudy PC.NET(スタディPC.ネット) 聖蹟桜ヶ丘校(京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」下車徒歩4分) です。

 2級・3級・Basicは随時試験ですので、試験日時は直接試験会場にお問合せ下さい。お申込みも、直接試験会場校でお申込みとなります。パソコンとソフトウェアのバージョンについても、直接試験会場校にお問合せ下さい。

 

 

 

@多摩商工会議所パソコン教室多摩校    map

多摩市関戸1−1−5 ザ・スクエア2F
京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」西口下車 徒歩約1分
TEL:042−400−5896(パソコン教室専用電話)

 

 


AStudy PC.NET(スタディPC.ネット) 聖蹟桜ヶ丘校    map

多摩市関戸4−7−8 エフティープラザ2F
京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」下車 徒歩約4分
TEL:042−319−6819

 

 

 

☆全国の日商PC検定会場については、日本商工会議所ホームページにて検索できます。
 ⇒ 日本商工会議所ホームページ

 


各級のレベル


1.【文書作成】
科目程度・能力
1級知識○文書の全ライフサイクル(作成・利用・流通・保存)を考慮し、社内における文書管理方法を提案できる
○文書の効率的な作成、標準化・データベース化に関する知識を身につけている
○ネット社会に対応したデジタル仕事術を理解し、自社の業務に導入・活用できる 等
実技○与えられた情報を整理、分析し、状況に応じ企業を代表して(対外的な)ビジネス文書を作成できる
○表現技術を駆使し、説得力のある業務報告、レポート、資料等を作成できる 等
2級知識○ビジネス文書(社内・社外文書)の種類と雛形についてよく理解している
○企業実務で必要とされるハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する実践的な知識を身につけている
○業務における電子データの適切な取り扱い、活用について理解している 等
実技○企業実務で必要とされる文書作成ソフト、表計算ソフトの機能・操作法を身につけている
○与えられた情報を整理、分析し、状況に応じた適切なビジネス文書を作成できる 等
3級知識○基本的なビジネス文書(社内・社外文書)の種類と雛形について理解している
○ビジネス文書に関連する基本的な知識(ビジネスマナー、文書の送受等)を身につけている
○ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する基本的な知識を身につけている 等
実技○企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能・操作法を一通り身につけている
○ビジネス文書(社内・社外向け)の雛形を理解し、指示に従い、定型的なビジネス文書を作成できる 等
Basic実技○企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能、操作法の基本を身につけている
○指示に従い、正確にビジネス文書の文字入力、編集ができる 等


2.【データ活用】
科目程度・能力
1級知識○業務データの全ライフサイクル(作成・利用・流通・保存)を考慮し、社内における業務データの管理方法を提案できる
○ネット社会に対応したデジタル仕事術を理解し、自社の業務に導入・活用できる
○情報セキュリティやコンプライアンスに関し、社内で指導的立場となれる 等
実技○企業実務で必要とされる表計算ソフト、文書作成ソフト、データべースソフト、プレゼンテーションソフトの機能、操作法を修得している
○表計算ソフトの関数を自在に活用できるとともに、各種分析手法の特徴と活用法を理解し、目的に応じて使い分けができる 等
2級知識○企業実務で必要とされるハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する実践的な知識を身につけている
○業務における電子データの適切な取り扱い、活用について理解している
○ソフトウェアによる業務データの連携について理解している 等
実技○企業実務で必要とされる表計算ソフト、文書作成ソフトの機能・操作法を身につけている
○表計算ソフトの関数を駆使して、業務データベースから必要とされるデータ、値を求めることができる
○業務データを分析し、当該ビジネスの現状や課題を把握することができる 等
3級知識○データベース管理(ファイリング、共有化、再利用)について理解している
○電子商取引の現状と形態、その特徴を理解している
○ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する基本的な知識を身につけている 等
実技○企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能・操作法を一通り身につけている
○表計算ソフトにより業務データを一覧表にまとめるとともに、指示に従い集計、分類、並べ替え、計算等ができる
○各種グラフの特徴と作成法を理解し、目的に応じて使い分けできる 等
Basic実技○企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能、操作法の基本を身につけている
○指示に従い、表計算ソフトにより、並べ替え、順位付け、抽出、計算、グラフ作成等ができる 等


3.【プレゼン資料作成】
科目程度・能力
1級知識○プレゼンの工程(企画・構成・資料作成・実施)に関する知識を第三者に正確にかつ分かりやすく説明できる
○プレゼン資料作成、標準化・データベース化、管理等に関する実践的かつ応用的な知識を身につけている
○ネット社会に対応したデジタル仕事術を理解し、自社の業務に導入・活用できる 等
実技○目的を達成するために最適なプレゼンの企画・構成を行い、これに基づきストーリーを展開し、説得力あるプレゼン資料を作成できる
○図解技術、レイアウト技術、カラー表現技術等を駆使して、高度なビジュアル表現によりわかりやすいプレゼン資料を作成できる 等
2級知識○プレゼン資料の表現技術(レイアウト、デザイン、表・グラフ、図解、写真の利用、カラー表現等)に関する実践的な知識を身につけている
○企業実務で必要とされるハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する実践的な知識を身につけている 等
実技○与えられた情報を整理・分析し、目的に応じた適切なプレゼン資料を作成できる
○企業実務で必要とされるプレゼンソフトの機能を理解し、操作法も習熟している
○作成したプレゼン資料ファイルを目的に応じて分類、保存し、業務で使いやすいファイル体系を構築できる 等
3級知識○プレゼンの工程(企画、構成、資料作成、準備、実施)に関する基本的な知識を身につけている
○プレゼン資料の表現技術(レイアウト、デザイン、表・グラフ、図解、写真の利用、カラー表現等)について基本的な知識を身につけている
○ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する基本的な知識を身につけている 等
実技○プレゼンの工程(企画、構成、資料作成、準備、実施)を理解し、指示に従い正確かつ迅速にプレゼン資料を作成できる
○企業実務で必要とされるプレゼンソフトの基本的な機能を理解し、操作法の基本を身につけている 等


学習教材


1.サンプル問題

日本商工会議所ホームページでサンプル問題を掲載しています。受験級の確認、受験前の練習としてご利用下さい。
⇒ サンプル問題


2.公式テキスト

各級(1級を除く)テキストが発売されています。詳細は日本商工会議所ホームページでご確認下さい。
⇒ 公式テキスト



お問合せ

多摩商工会議所
〒206−0011  多摩市関戸1−1−5 ザ・スクエア3F
(京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口下車・徒歩1分)
TEL 042−375−1211   FAX 042−376−1188
E-mail : sysope@tamacci.or.jp